投資信託と両面テープ

投資信託は買うことしか出来ませんが、CFDなら両面テープのように上昇相場も下降相場も利益を得ることが出来ます。ここではCFDに関する記述は避けますが、投資信託につい解説いたします。

投資信託

投資信託は、元本保証のない株式や債券などの金融商品を主体として投資をし、個別に決算をする。原則として元本保証はない。銀行などの普通預金や定期預金よりも良い果実が期待されるが、これは相当するリスクを取ったことに対するリスク・プレミアムを受取っていると解釈できる。特にペイオフが解禁され、低金利(ゼロ金利政策)による預金での利息収入がほぼ見込めない現状では、資産運用のための一手段として注目されている。 どの程度のリスクを取ってどの程度のリターンが得られるかは、投資信託の投資対象によって千差万別である。たとえば、株式は債券よりリスクが大きく、リターンも大きいとされる。また、国内を投資対象としているものよりも、海外を投資対象としているもののほうが為替レートの影響も受けるためリスクやリターンが大きいとされる。 リスクとリターンの程度を標準化した尺度の一つに、経済学でノーベル賞を受けたウィリアム・フォーサイス・シャープの開発したシャープ・レシオがある。これは、期待されるリターンから無リスク資産の利回りをマイナスし、引き受けているリスク(標準偏差)で割ったものであり、正で大きな値をもつものほど、運用が効率的であることになる。また、分母をベータリスクとするとトレイナーの測度となる。投資信託の場合、評価指数はシャープ・レシオが使われるケースが多い。 いつでも購入・解約できる追加型投資信託などでは、保有する資産の評価額やゴールドカードの変動に対応して、基準価額(よく価格と誤記される)が計算されている。運用の利益は、一定期間ごとに払出される分配金の他、基準価額の値上がり益があれば、解約・売却時に受取ることができる。 追加型投資信託の基準価額については、運用会社・販売会社のウェブサイトや窓口に掲示されている他、日本経済新聞朝刊(1/1-1/4と祝祭日の翌日を除く火-土曜)に全銘柄が、大手全国紙朝刊では一部銘柄が掲載されている。運用会社のサイトでは、一番情報が早く得られ、その日の内に当日の基準価額を知ることが出来る。単位型投資信託の基準価額については、購入した販売窓口(証券会社など)に問い合わせが必要である。 また投資信託は株式と違い、「証券会社ならどこでも買える、売れる」というわけではなく、カードローン金利の販売窓口が限られているため、仮に証券を引き出し手元で保管したり別の証券会社などの口座に移管した場合、証券の持ち込み先や新しい保管先では売却できない、といったデメリットもある。 なおほぼすべてのファンドの受益権は、2007年1月4日より振替制度(ファンドの受益権の発生、消滅、移転をコンピュータシステムにて管理する)に移行されたため、受益証券は発行されていない(有価証券のペーパーレス化)。−wikiより−

両面テープ

両面テープ(りょうめんテープ)とは、薄膜状の基材の両面に接着剤を塗り、細長い帯状にした文房具である。稀に「りゃんめんテープ」と発音、「りゃんめん」と呼称される場合もある(麻雀用語の「両面待ち(リャンメンまち)からの転用)。通常の製品は、これを巻き取った巻物状にして供給される。
文房具として日本で製造・販売されているものは、幅が12mm〜24mm、長さは3.5m〜35m程度のものが多い。切り取られたテープは、紙などを止めるためや封筒に封をするためなどに使われる。紙以外にも接着するため、用途は広範囲に及ぶ。建築用途では、カーペットを床に接着するための高粘着のものや、仮止め用のものなど様々なものがある。
普通のセロハンテープと比べて、表面にテープが見えることがなく、また、ノリのように塗布した紙面がふやけることもないので、書類に写真を貼ったりするときでも綺麗に仕上がる。

ガムテープ

クラフト紙の表面に、はく離のための表面処理を施す必要がないため、表面はクラフト紙のままで、ざらついているのが特徴。使用する際には、糊が塗られた面に水をつけ、糊を再活性化した上で貼付する(一般的な郵便切手と同様)。使用時に必ず水を要するため、たいていは専用のガムテープディスペンサーを使用する。段ボール箱の封緘、梱包のほか、伝票類の背貼り、電球類の包装に多く使われている。水溶性の糊を使用し、はく離剤や合成樹脂系接着剤などの非水溶性樹脂を使っていないので、貼付使用後、再生紙としてリサイクルする際にはがす必要がない。また、表面にはく離剤がないので、ガムテープを重ねて貼ったり、他の粘着テープ類を重ねて貼ることもできる。
使用時に水を必要としない梱包用テープも最近多くなってきており、これらも一般には「ガムテープ」と呼ばれるが、正しくはない。適切な総称はないが、正しくは基材の名称により以下のように呼ぶ。−wikiより−

NICHIBAN

 テープといえばセロテープのNICHIBANが小さい頃から身近にあったように感じます。
 いまも仕事や家庭、小さいお子さんの机の引き出しなんかにも、NICHIBANのセロテープがあるのではないかと思います。黄色・赤・青。テープを使い切っても、替えのテープをセットすればまた使用可能。
 便利なのは言うまでもありませんが、セロテープを作っているニチバン株式会社は、医薬品や医療機器、食品添加物、健康・スポーツ機器、計測器、計量器など、幅広く事業を行っています。
 ケアリーヴと聞いて、「あぁ、あれ!?」と思った方もいるのではないでしょうか?
 大株主には、大鵬薬品工業株式会社、株式会社三菱東京UFJ銀行など。
 東証一部上場企業なので、ニチバン株式会社の株式を持っている方もいるかと思います。
 ちなみに、株取引ならネット証券の比較サイト@ネット証券の選び方を見ると大手ネット証券の売買手数料をチェックすることができます。
 そのほか、株を買うには資金が若干不足しているというなら、CFDを利用してレバレッジを効かせて株を買うという方法もありますので、参考としてはいかがでしょうか?

【主な取引先リンク】